画家、安東克典の描いた房総。

「画家、安東克典の描いた房総。」のサムネイル画像

画家、安東克典は東京藝術大学 美術学部を卒業後、株式会社 資生堂へ入社、宣伝部へ配属されアートディレクターとして同社のキャンペーン活動に携わり、2004年頃より絵画制作をはじめた。

真っ白い紙に色鉛筆で線が引かれ、やがて輪郭が現れ、塗られていく。

色と形が時の経過とともに浮き上がり、厚みを増し、やがて完成へと近づいていく。

この三枚の絵はいずれも安東の筆による房総の景色。

どこまでも続いていく遠浅の海、砂浜に寄せて返す波を描いた作品。

海と山に恵まれた房総、内房から外房へ抜ける途中、ふと目にとまった佇む木。

房総の南、外房の荒波にもまれる灯台を描いた作品。

安東克典のペンシルアート

安東克典のペンシルアート

安東克典のペンシルアート

画家の目にとまり、創作の意欲を掻き立てた房総の原風景。

淡いピンクに鮮やかな緑が混ざりはじめた桜を見に行ったら、画家 安東の原風景を体験してみるのも新しい楽しみ方かもしれない。






房総ゆらり百景 YouTube チャンネル バナー画像
取材先マップ バナー画像