目からうろこのはかりめ丼を食べ歩く、2014年 富津はかりめ祭り 開催間近。

「目からうろこのはかりめ丼を食べ歩く、2014年 富津はかりめ祭り 開催間近。」のサムネイル画像

アナゴの旬は人によって違うらしい。

というのは、一般的にアナゴの旬は夏、6月〜8月とされているが、卵を抱いたアナゴの味を好む人は冬が旬だという。夏のほうがいくぶん、味がさっぱりしているようだという。

さてそのアナゴ、他の魚と同様に魚市場で取引が行われるのだが、その値段はセリでなく相対取引で行われるという。

何故か?

江戸前のアナゴは少しずつではあるが漁獲量が減っているという。それ故、漁師、荷受け、仲買人の三者間による協議により、アナゴの値段は一定の期間、ある一定の値段に定められて、安定した相場として取引が行われるそうだ。もし、これを毎日のセリで値決めをしていたら、江戸前のアナゴの価格は暴騰し、アナゴの乱獲が始まり絶滅してしまうからだという。

1

※あなご類の海区別漁獲量の推移、縦軸の単位はトン。
出典:漁業養殖業生産統計年報

かつては腕の良い漁師が一本釣りで行っていたアナゴ漁も、今では効率を求めて筒漁が主だそうだ。筒漁とはイワシやサバを餌として筒の中に入れ、アナゴはそれを食べに来て、腹が膨れて筒から出られなくなるらしい。その江戸前アナゴ、漁場としては品川、羽田、金沢八景、木更津、富津、青堀、大貫のものが最上品といわれている。

富津では2014年9月1日から2014年11月30日の間、例年と同じく「富津はかりめ祭り」の開催が予定されている。
※富津市商工会からの告知は8月下旬頃を予定しているという。

我々も取材をさせていただいたことがある、活魚料理 いそねも毎年このはかりめ祭りに参加しているので、この機会に富津のB級グルメと云われているはかりめ丼を食べ歩き、富津のアナゴの美味しさに目からうろこを落としてみてはいかがだろうか。

【富津はかりめ祭り】
期間 2014年9月1日〜2014年11月30日
場所 富津はかりめ祭り 参加各店舗 はかりめ祭りののぼりが目印
問い合わせ 富津市商工会
※はかりめ祭りについての詳細は富津市商工会まで






房総ゆらり百景 YouTube チャンネル バナー画像
取材先マップ バナー画像