勝浦の担々麺に、このおやじあり。

「勝浦の担々麺に、このおやじあり。」のサムネイル画像

こちらにお邪魔したのはお昼を回った午後一時頃でした。

我々は前日から鴨川に泊まっていて、この日の朝ごはんも宿でお腹いっぱい食べていたのですが、お昼になればやっぱりお腹が空きます。

そして勝浦といえばやっぱり担々麺だよねと、それらしき店を探していて見つけたのがここ、どさん子勝浦店でした。外房黒潮ライン128号沿いの通りに面していて位置的には勝浦というよりも御宿に近いのかもしれません。

店に入ると券売機があり、お勧めを訊くと「しょうゆ担々麺」とのことなので迷わずお願いしました。ちなみにご飯がつきます。

待つことしばし、厨房の奥で炒める音が途絶えると真っ赤なスープにもやしとひき肉の乗ったどんぶりが現れました。ぉぉぉ、これぞ担々麺といったラーメンをハフハフしながら脇目もふらずに頂きました。美味しかったです。特にもやし、シャキッとしていて、でもちゃんと火が通っていて、もやしってこんなに美味しかったんだって思いました。

DPP07DE03030C0237

食べた後この店のご主人にお話を伺うことが出来ました。

今日、我々がいただいた担々麺はいわゆる勝浦担々麺とは趣の違うものだそうです。どちらかと言うと正統的な担々麺、それを目指して長年研究をされてきたと伺いました。特にもやしをしゃきっと仕上げる調理法に力を注がれてきたそうです。

DPP07DE03030B3835

まだ寒い1月の後半でしたが、ここの担々麺を食べたあとは汗が止まらず、話を伺っている間にも顔から汗が吹き出して、おやじさんに笑われてしまいました。

次は担々麺にチャーシューを入れてもらい、そして餃子も食べてみたいと固く心に誓って店を後にした我々でした。

どさん子勝浦店






房総ゆらり百景 YouTube チャンネル バナー画像
取材先マップ バナー画像