川面のきらめきを愛で、渓谷のせせらぎに耳を傾ける。

「川面のきらめきを愛で、渓谷のせせらぎに耳を傾ける。」のサムネイル画像

養老渓谷。

JR内房線を五井で小湊鉄道に乗り換え、小一時間、養老渓谷駅に着く。

不思議の国のアリスで「さぁ、これからアリスは不思議の国に入りますよ」といって、今までとは違う世界に入っていくように、小湊鉄道に乗り換え、都心のターミナル駅にはない穏やかな空気の中に包まれると、時間の流れが変わり穏やかな気持になる。

ついさっきまでしかめっ面をしていた自分の顔がなんだか少しほころんでいるのが車窓に映っておかしい。

1

たとえほんの少しでも鉄道の旅は楽しい。そしてできれば予定は立てたくない。
思い立ったらすぐに動けるように荷物はコンパクトにして、お腹が空いたら最寄りの駅で降りて地元の食堂を探したい。
ローカルの私鉄に乗り換えるのは「さあ、これから違う世界に入っていきますよ」という気持ちの切り替えになるからだ。

小湊鉄道では車掌さんが回ってくる。
乗っている人たちはたいてい地元の人達だ。
通学の小学生や中学生。おばあちゃんたち。

みんな、車掌さんとは顔見知りのようで検札というより一言ふたこと世間話を交わしている。

皆顔見知りという穏やかな空気の中で、とあるおばあちゃんが定期を忘れてきた様子だったのだけど、
「明日でいいですよ」と車掌さんが言っていたのがとても印象的だった。

宿、もちの木は養老渓谷駅から少し離れたところにある。
お風呂は山側と川側にあり、この日入浴したのは川側の露天風呂。
湯船から渓谷のせせらぎが聞こえ、気持ちが落ち着く。

2

風呂に入ったら部屋でのんびりもできる。
山桃という部屋には川に面した広いテラスが付いていて、ここで質、量の両方が重い小説を読んでみたい。
例えばドストエフスキーの罪と罰とかね。今度来るとき間は忘れずに持ってこようと思う。

3

7時間STAYプランというのを使えば、部屋は泊まらなくても使うことができる。
このプランは月替わり懐石料理と10畳の和室に8畳のテラスがついている部屋を7時間利用できる。

忙しく毎日を暮らしていても、朝イチで電話とメールを片付けて養老渓谷へと向かう。
15時にチェックインして22時チェックアウト。夕ごはんはかなり贅沢な懐石料理を食べることができる。

忙しいを理由になかなか会えていなかった彼女や、かまっていなかった奥さんを誘って、
温泉につかり、部屋でくつろぎ、おいしいごはんを食べれば、ふたりとも自然に笑みがあふれてくる、はず。

4

もちの木 http://www.mochinoki.jp
養老渓谷温泉郷 http://www.yorokeikoku.com






房総ゆらり百景 YouTube チャンネル バナー画像
取材先マップ バナー画像